余計な保険に入っていない?ネットを活用して保険の見直しをしてみよう!

社会人になると「保険に入ってるといざというときに安心」だと言われ、加入したはいいものの、そのままになっている人も多いのでは?

保険は加入してしまえばそれでOKというわけでなく、ライフスタイルの変化に合わせて、その都度見直していく必要があります。あなたの保険も1度見直ししてはいかがですか?

身近なあの保険も加入する意味はあんまりない?

すでに加入済みの保険があるなら、その保険に加入した理由はどういうものでしょうか?「万が一に備えて」「何かあった時のため」「安心するから」だいたいこのような理由だと思います。

でも、万が一に備えて加入するにしても、今ある生活のなかで対処できるものであるのなら、その保険は不必要なものとなります。

たとえば、医療保険・がん保険・介護保険などがそう。子供がいる家庭では、学資保険をかけてる家庭もありますよね。もし、月々の保険代を支払う余裕があるのなら、それを貯蓄してしまったほうがよほど利口です。

1世帯あたりの保険にかける金額は年間40万円ほど。月に計算して3.33万円。30年間支払い続ければ総額1,200万円にもなります。このように保険をかけたとして、この金額をまるまる受け取れる人はほとんどいません。

日本には社会保険である程度はカバーできるようにできているので、しっかり貯金しておけば安心です。起こるかわからない不安を解消するためだけにお金をかけているのなら、身になることに使ったほうが良いとは思いませんか?

加入すべき保険もちゃんと存在します

もちろん、全ての保険が無意味というわけではありません。加入する・しないの二択なら加入すべきな保険も存在します。

加入すべき保険とは、もし起こってしまったら、自分の蓄えではどうもできない状態になるのが想定できる物事に対してのみ、備える意味がある保険のこと。

自動車保険・火災保険などが概要します。また、子供がいる家庭なら死亡保険、就業不能保険もあると安心です。

就業不能保険はあまり聞きなれない保険かもしれませんが、病気や怪我で働けなくなった場合に給付金が受け取れる保険なので、住宅ローンや子供がいる家庭なら、加入しておいても損はありません。

ただし、これらの保険ならなんでもOKというわけではなく、自分が置かれる立場に合わせたものを選ぶ必要があります。保険の見直しを定期的に行っていないと、ライフスタイルの変化で身の丈にあわない保険内容になっていたり、保険内容が重複していることもあるんですよ。

よくある例として「独身なのに死亡保障が手厚い」「生命保険に加入しているが、住宅ローンの保険と内容が被っている」「子供が大きくなったのに、死亡保障が手厚い」など。

独身の場合は、遺す人がいないため手厚くするのは死亡保障ではなく入院手当などに切り替えたほうがいいです。大概の住宅ローンには団信という生命保険の加入が条件とないっているので、家を購入する時は、生命保険見直しのチャンスでもあります。

自分の身の丈にあった保険内容かを見直ししましょう

いかがですか?保険に加入する・しないを決めるのは自分自身の選択ですが、CMや営業マンの口車にのせられて必要性を吟味することなく、保険に加入してしまっているのなら、今こそ保険見直しのチャンスです。

今は、スマホやパソコンで保険の見直しや比較ができる時代。ちょっとした時間でチャチャッと見直ししてみてはいかがでしょうか?保険料が浮けば、その分はしっかり貯蓄していきましょうね。