借り換えやおまとめローンを上手に活用!

複数のカードローン会社から借入れをしていると、借入れ残高が増え過ぎて、返済や、管理に困る場合がありますよね。

・月々の返済額が多すぎる

・生活環境が変わって返済が厳しくなってきた

そんな時に、役に立つのがおまとめローンです。

 

おまとめローンの仕組みと活用法

 

おまとめローンとは、複数の業者からの借入れを「借り換え」することで一本化する方法です。債務を一本化し、月々の支払いの負担を減らす事で、返済を楽にする事が出来ます。多くの銀行や、銀行系の金融機関がおまとめローンを行っています。

銀行や銀行系の金融機関から、今までの全ての負債金額分の金額を融資してもらいます。これは借入れと同じ形で、融資してもらったお金で今までの借入れ分の全額返済をします。

例えば、アコムで50万円、モビットから50万円の借入れをしていたとしたら、おまとめローンを行っている金融機関から100万円を融資してもらって、アコムとモビットに全額返済するというシステムです。後は、金融機関から100万円を借り入れてる状態になるので、月々決まった金額を返済していきます。

今は即日でカードローンを利用することができますが、新規借入と同様におまとめローンも迅速な審査をしてくれる金融機関が多数あります。おまとめローン専用のカードローンでなくても、みずほ銀行カードローンの様におまとめローン目的で借入が出来るサービスも多数ありますので、まずは借入希望金額がどれくらいか確認して、自分に適したローンを申し込むと良いでしょう。

 

おまとめローンのメリットとは?

おまとめローンを上手に活用しよう!

おまとめローンのメリットは、金利が安いところにあります。例えば、消費者金融の借入れの金利が18%だとして、返済する時はもちろんその金利分も一緒に返済していく形になります。複数のカードローン会社から借入れていたとしたら尚更に返済額は金利分高くなっていきます。

おまとめローンで一本化すると、総額にもよりますが10%以下の銀行系の金融機関の低い金利が適用されますので、毎月の返済金額や返済総額が少なくなるメリットがあります。返済日や返済金額の管理も楽になり、更に個人信用情報機関の履歴に傷が付くことがありません。

注意する点もあります。

おまとめローンにすると、追加して借入れをする事が出来なくなります。他の金融会社から追加して借入れを行うと、契約違反になって一括返済を求められる場合がありますので気を付けましょう。

また、債務整理とは違って、おまとめローンでは、過払い分が減るという事はありません。借金の総額についても、当然ながら減った利息分だけ返済が緩和されるのみですので、総額が減ると言う訳ではありません。

しかし、数%でも返済金額が緩和されるだけでも月々の返済の負担は減りますし、債務整理を行うにはそれなりの時間がかかります。

また、債務整理による過払い請求を行ってしまうと、信用情報の履歴に傷がついてしまったり、同じカードロ—ン会社から二度と借入れが出来なくなってしまうというデメリットがあります。

 

おまとめローンにデメリットがない訳ではありませんが、不利になるようなこともありませんので、大きなメリットがあるのは確実です。

借入れ金額が増えて、返済に困ったら、是非おまとめローンを検討してみてください。

余計な保険に入っていない?ネットを活用して保険の見直しをしてみよう!

社会人になると「保険に入ってるといざというときに安心」だと言われ、加入したはいいものの、そのままになっている人も多いのでは?

保険は加入してしまえばそれでOKというわけでなく、ライフスタイルの変化に合わせて、その都度見直していく必要があります。あなたの保険も1度見直ししてはいかがですか?

身近なあの保険も加入する意味はあんまりない?

すでに加入済みの保険があるなら、その保険に加入した理由はどういうものでしょうか?「万が一に備えて」「何かあった時のため」「安心するから」だいたいこのような理由だと思います。

でも、万が一に備えて加入するにしても、今ある生活のなかで対処できるものであるのなら、その保険は不必要なものとなります。

たとえば、医療保険・がん保険・介護保険などがそう。子供がいる家庭では、学資保険をかけてる家庭もありますよね。もし、月々の保険代を支払う余裕があるのなら、それを貯蓄してしまったほうがよほど利口です。

1世帯あたりの保険にかける金額は年間40万円ほど。月に計算して3.33万円。30年間支払い続ければ総額1,200万円にもなります。このように保険をかけたとして、この金額をまるまる受け取れる人はほとんどいません。

日本には社会保険である程度はカバーできるようにできているので、しっかり貯金しておけば安心です。起こるかわからない不安を解消するためだけにお金をかけているのなら、身になることに使ったほうが良いとは思いませんか?

加入すべき保険もちゃんと存在します

もちろん、全ての保険が無意味というわけではありません。加入する・しないの二択なら加入すべきな保険も存在します。

加入すべき保険とは、もし起こってしまったら、自分の蓄えではどうもできない状態になるのが想定できる物事に対してのみ、備える意味がある保険のこと。

自動車保険・火災保険などが概要します。また、子供がいる家庭なら死亡保険、就業不能保険もあると安心です。

就業不能保険はあまり聞きなれない保険かもしれませんが、病気や怪我で働けなくなった場合に給付金が受け取れる保険なので、住宅ローンや子供がいる家庭なら、加入しておいても損はありません。

ただし、これらの保険ならなんでもOKというわけではなく、自分が置かれる立場に合わせたものを選ぶ必要があります。保険の見直しを定期的に行っていないと、ライフスタイルの変化で身の丈にあわない保険内容になっていたり、保険内容が重複していることもあるんですよ。

よくある例として「独身なのに死亡保障が手厚い」「生命保険に加入しているが、住宅ローンの保険と内容が被っている」「子供が大きくなったのに、死亡保障が手厚い」など。

独身の場合は、遺す人がいないため手厚くするのは死亡保障ではなく入院手当などに切り替えたほうがいいです。大概の住宅ローンには団信という生命保険の加入が条件とないっているので、家を購入する時は、生命保険見直しのチャンスでもあります。

自分の身の丈にあった保険内容かを見直ししましょう

いかがですか?保険に加入する・しないを決めるのは自分自身の選択ですが、CMや営業マンの口車にのせられて必要性を吟味することなく、保険に加入してしまっているのなら、今こそ保険見直しのチャンスです。

今は、スマホやパソコンで保険の見直しや比較ができる時代。ちょっとした時間でチャチャッと見直ししてみてはいかがでしょうか?保険料が浮けば、その分はしっかり貯蓄していきましょうね。

教育資金はどうやって工面する?教育ローンの活用も一つの方法

子供を育てあげるのに、1人あたり1000万円〜2000万円もの教育費が必要になります。そんなまとまった額を用意するのは大変なので、地道にコツコツ貯めていくほかありません。

でも、貯めている間にも子供は成長し、その都度お金が必要になりますよね。もっともお金がかかると言われる大学までのことを考えるなら、教育ローンを利用するのも一つの方法なんですよ。

教育ローンがカバーするのは入学費・授業料だけじゃない

教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンと並んでメジャーなローンとして、各金融機関で取り扱われています。

一般的には、高校・専門学校・大学・大学院など、義務教育ではない教育機関の、入学費・授業費など在学に必要なあらゆる費用を融資してくれる商品です。なかには、地方の学校に通う子供のアパート代にも対応しているものもあります。

学校だけでなく塾や予備校でも利用可能で、商品によっては保育園や幼稚園からの利用も可能になっています。

さらに、団体信用生命保険付きの教育ローンもあるので、借り主が返済の途中で死亡または高度障害になったとしても、その時点で返済が免除になるので安心です。

進学先が確定する前からでも申込めて融資も早い

ほとんどの教育ローンでは、進学先が確定する前から申込みすることができますし、必要書類さえ提出すれば、申込み〜融資まで来店して顔をあわせることなく進むことができます。融資までの期間も1〜2週間ほどなので、国の公的な教育ローンと比べてもスピーディー。

国の教育ローンは、一人につき350万円以内の融資に対応していますが、審査が厳しく融資に時間がかかるのが特徴。でも年1.90%という低金利さが魅力です。

一方、金融機関の教育ローンはそこまでの低金利さではない(およそ2〜4%)ものの、300〜800万円までと大口の融資に対応しています。国の教育ローンと同時申込みが可能なので、滑り止めとして申し込むのもアリ。

借りるからには返済計画もしっかり立てておくこと

教育ローンはローンですから、当然のことながら必ず返済しなければなりません。

借りるからには、事前にしっかり返済プランをシミュレーションしましょう。「たぶん大丈夫だろう」ではなく、確実に返済できる方法でなければ、返済も行き詰まって大変なことになります。

教育ローンのほとんどが、在学中は利息の返済のみでOKとしているものばかりですが、返済する余裕があるのなら早め早めに返済しておくと後が楽ですよ。

また、子供自身が20歳を超える成人の場合には、本人に返済させる方法もありますが、この場合には事前に家族間でしっかり話しておく必要がありますね。

教育ローンは一括借入以外に、必要なときに必要なだけ借りるカードローンのような利用方法もできるので、いろいろ比較して、自分のライフスタイルに合ったものを選んではいかがでしょうか?

家庭の収支、ちゃんとプラスになってますか?

家庭の収支って、きちんと把握していますか?

ほとんどの家庭の場合、収入と言えばお給料が基本になると思います。共働きなら二人分の給料の合算になります。

その他、株の配当やその他の副収入などがある場合は、それらも合計して収入に加算します。

 

一方、出費は家賃もしくは住宅ローンの返済が最も大きくなると思います。その他、代表的なものになれば水道光熱費や車のローン、食費、教育費、携帯電話などの通信費、保険などがあり、収入からこれらの支出を引いて残った金額から貯金をしたり、翌月に繰り越すことになります。

最近は昔のように家計簿をつけるということも無くなってきている様ですが、仮にずっと続けなくても2〜3ヶ月程度試しに付けてみると良いでしょう。

なぜなら、収入は給与明細という形で手取りの総額がわかりますが、支出はそれぞれバラバラですから、実際に総額でいくら払っているのか、どの支出が先月と比べて増えたり減ったりしたのかが良くわかりません。

ですので、まずは数ヶ月、簡単な内容でもいいので家計簿をつけてみることをおススメします。意外と無駄な出費をしていることがわかり、節約のポイントがわかるかも知れませんよ。

 

一時的な収支のマイナスは低金利のカードローンで凌ぐという手も

 

いつもはきちんとプラス収支で過ごせているんだけど、突発的な要因でお金が足りなくなることもあります。そんな時にヘソクリでもあれば良いのですが、どこの家でも必ずあるという訳ではありませんよね(笑)。

そんな時は、カードローンで一時的に借入を起こして、翌月の給料で支払ってしまうという方法があります。

ここでは、安心して借りれる銀行系のカードローンを紹介してみます。

 

楽天スーパーローン

楽天スーパーローンは、インターネットショッピングでおなじみの楽天が提供するローンサービスの一種です。楽天には自前の銀行である楽天銀行があり、そのサービスとして楽天スーパーローンというカードローンがあります。このカードローンは、楽天市場のアカウントがあれば、簡単な手続きでカードローンの審査申込みが出来るのが特徴です。

一般には、銀行のカードローンはその銀行のATMでキャッシングサービスを利用するものなのですが、楽天銀行はインターネット専業銀行ですので、店舗もなければ銀行のATMも存在していません。

しかし、全国にあるコンビニエンスストアの銀行ATMが提携ATMとなりますので、一般的な銀行のどこよりもサービスが利用しやすいカードローンでもあります。

金利も比較的低めで、審査申込みから回答までも非常に迅速な対応ですから、そういった点でも使いやすいカードローンだと言えます。

 

新生銀行カードローンのレイク

「スマホ完結」というCMからもわかるように、レイクでのカードローンの申し込みはスマホで完結できます。審査に通った後で来店したり、無人契約機へ行かなければならないといったことがなく、そのまま指定の口座に振込融資されるという方法です。後日カードも送付されますので、カードで提携ATMからキャッシングを利用することも可能です。

レイクを利用するメリットは、スマホ完結だけではありません。提携ATMから借入も返済も行えますが、これが可能なのは他の貸金業者にもありますので、さほど珍しいことではありません。しかし手数料に関して、借入も返済も無料であるという点は大きなメリットと言えます。

見た目の金利が安い貸金業者であっても、このATM手数料を加味すると結局高くなってしまうということもあるのです。同じ金利であれば、ATM手数料が無料の方がいいのは明らかですよね。

また、レイクは選べる金利無料のキャンペーンを行っていますので、これも他にはなかなか無い大きなメリットの一つと言えます。こういった点を考えると、レイクのカードローンははじめて利用するという方にとても優しいサービスと言えそうです。

 

いかがでしたでしょうか?意外と知らないサービスもあったのではないかと思います。カードローンと聞くと金利が高いと思いがちですが、今は10%どころか5%を切る金利のローンまでありますので、まずは一度カードローンの詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか?